10、坐骨神経痛とコスモテーピングについて(最終回)

0
    世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で最終回の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

    坐骨神経痛に悩む人は多くいますが、顎のズレから坐骨神経痛になってしまうこともあるのです。虫歯を治療せずに放置し、同じ場所でしか噛まないことで顎がズレたり原因はさまざまですが、ズレてしまうと頭の重さの3倍にもなる強い力が頚椎、脊椎、坐骨神経を圧迫してしまうのです。コスモテーピング療法 テーピングセラピーをしているとこういうことに良く出くわします。

    坐骨神経痛の根本原因といわれる顎のズレは、たくさんの病気を引き起こす原因ともなりますので、コスモテーピング療法 テーピングセラピーと鍼灸による早めの対処が必要となります。腰痛や頭痛、アレルギーや肩こり、生活習慣病など多くの病気の原因を作ってしまうのが、顎のズレなのです。

    顎がズレているのかもと思う人は、一度病院で相談してみることをお勧めします。バイオプレートなど、寝ている間にマウスピースのような物を口に入れるだけで、顎のズレを矯正する機械もあります。決して痛みを伴ったり、辛い治療を行うわけではありませんので、安心して治療を受けましょう。またコスモテーピング療法 テーピングセラピーと鍼灸の治療を受けると顎関節のバランスがよくなり、身体全体のバランスがよくなることもすくなくありません。

    坐骨神経痛になってしまうと、痛みやだるさという症状が強いために、元となる原因を考えたり治療をするよりも、先に坐骨神経痛の治療を考えてしまう人が多いのですが、原因となるものを根本的に治療をしなければ、いつまでも同じことの繰り返しとなってしまいます。コスモテーピング療法 テーピングセラピーと鍼灸の治療を行う、せいじょう鍼灸院では痛みの元となるバランスの崩れを修正いたします。


    9、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

    0
      世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で9回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

      坐骨神経痛は、電気が走るようにピリピリとした痛みがあったり、同じ姿勢でいると関節が痛んだり、天気が悪いとだるくなったり、腰を曲げると痛む、立ち上がる時にズキンと痛みが走る、歩いたり座ると痛む、お尻の下辺りが痛むなど、痛む場所も辛い症状にも色々な違いがあります。

      坐骨神経痛はさまざまな事が要因となり、坐骨神経が圧迫されて起こるものですが、ヘルニアや変形性腰痛症、糖尿病などの病気が関係している場合もあります。坐骨神経痛だけに対処をするのではなく、まずは原因となるバランスの調整治療を行うことが重要となります。

      坐骨神経痛の治療法として、マッサージを受けたり、漢方薬や内服薬を飲んだり、鍼灸 針灸をしたり、カイロプラクティックをしたり、運動をしたりする人もいます。こういったものは対処療法といって、痛みやだるさを和らげてくれるもので、根本的に原因を取り除くための治療ではないという方もいらっしゃいますが、やらないで悩んでいるよりも
      鍼灸やコスモテーピング療法を試したことがないのであれば、チャレンジしてみるべきです。すでに、坐骨神経痛を克服した患者さんも大勢います。

      症状が軽いうちには改善される場合もありますが、一時的に症状を緩和してくれるものであって、痛みやしびれ、だるさが再び起こる可能性もあります。人によって効果の出方が違うということを理解した上で、対処療法などの治療を行う必要があります。コンディションを整えて、明るい健康生活を送りましょう。


      8、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

      0
        世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で8回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

        坐骨神経痛は冷やしてしまうと、痛みやだるさが強くなるといわれていて、下半身、特に腰まわりを温めると痛みが和らぎやすくなります。日頃から冷やさない努力をするのも大切ですが、坐骨神経痛になり電気をあてて温めるという対処法をとっている人もいます。コスモテーピング療法ではコスモM25磁気治療器を使用します。発生する直流パルス磁気は約1000ガウスです。これが、坐骨神経痛に効果的です。

        成城 祖師谷 砧で坐骨神経痛でお悩みの方は、接骨院や整骨院に行って電気治療をしたり、鍼灸院で鍼灸をする人もいますが、いつでも使えるようにと、なんと20万円ほどお金を出して機械を購入する人もいます。それだけお金をかけてもいいから、痛みを和らげたいと思うほど、坐骨神経痛は辛いものなのです。さすがに、ご自分で器械を購入するまえにぜひ成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院に来院してみてください。

        坐骨神経痛の対処法として、自宅で簡単に出来る腰痛体操をしたり、ビタミン剤を飲んでいるという人もいます。基本となる対処法としては、とにかく腰まわりを冷やさないということです。その場では気がつかなくても、知らないうちに冷やしすぎてしまう冷房は、特に注意が必要です。コスモテーピング療法を受けていただいている患者さんには口を酸っぱくして、このことをアドバイスしています。

        女性の場合には、妊娠・出産によって腰に負担をかけてしまうため、坐骨神経痛になる場合もあります。腰痛がひどい時などは無理をせず、早めに横になったりクッションを膝の下に引いて休んだりという対処も大切です。お腹を突き出して歩くため腰への負担が大きくなってしまうので、横向きになって休んだりという事も行いましょう。

        坐骨神経痛でお悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。
        webmaster@bodybalance-labo.com

        7、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

        0
          世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で7回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。


          最近、長時間パソコンに向かってますという人が増えていますが、長時間同じ姿勢でパソコンをしたり、座ったままで関節に負担をかけ、坐骨神経痛になってしまう人も増えています。せいじょう鍼灸院の患者さんの中でも何年も整体に通ってるけど、あまり良くならないという人もいました。

          坐骨神経痛の対処法には、色々なものがありますが、テレビでも紹介されたことのある対処法、「AKA治療」を受ける患者さんも多いです。AKA治療とは、関節運動学的アプローチを略した言葉ですが、関節を元の動きに戻して、関節異常から起こる腰痛や膝痛などを根本から治すという、手技療法のことです。コスモテーピング療法とは少し考え方が異なります。

          人間の体には200もの関節があり、機能的に動いていますが、さまざまな原因から本来の動きを行わなくなってしまうことがあります。腰痛や坐骨神経痛などによる痛みは、関節機能の異常から起こることが多いのです。特に骨盤付近の関節機能異常が多いといわれています。コスモテーピング療法も腰や股関節周辺のツボはバランスを整えるうえで重要と考えています。

          AKA治療は関節の各部位を調べ、運動法則を確立し無理なく、体に負担をかけないように優しく、そして最も効果的な方法によって治療をしていくという方法なのです。レーザーによる光線治療も併せて行うところも増えてきていて、さらに効果がアップしているようです。コスモテーピング療法は無理な刺激を加えることなく、ツボに刺激を与えてコスモテープを貼るだけでバランスを整えていきます。

          6、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

          0
            世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で6回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

            ぎっくり腰やヘルニアから腰椎がズレて、坐骨神経痛になる場合もあります。まずはレントゲンを撮って調べてみることが大切ですが、小さなズレの場合には、レントゲン検査をしてもわからないこともあります。おかしいな、痛みが続くなという時には鍼灸をしたり、接骨院、整骨院に相談してみるのもいいでしょう。もちろんできれば、コスモテーピング療法をやっている先生のところが良いと思います。

            ぎっくり腰などは、腰のまわりの筋肉を鍛えるために、縄跳びなどを勧められる場合もあります。腕立て伏せをして鍛えている人もいますが、坐骨神経痛になってしまった場合、激しい運動は悪化させる原因になるので、無理をしないほうがいいでしょう。坐骨神経痛が悪化するというよりも、ズレが悪化してしまうと言ったほうがいいかもしれません。身体のバランスが崩れた状態をいち早くコスモテーピング療法と鍼灸で施術すると悪化を防ぐことが可能です。

            激しく体を動かす仕事をしていたり、座りっぱなしの人なども注意が必要です。ぎっくり腰から坐骨神経痛になるケースはわりと多いのですが、筋力を鍛えてもぎっくり腰になってしまうこともあります。いきなり重い物を持ったり、無理な姿勢をしたり、腰に負担をかけるようなことはなるべく避けて、原因を作らないようにしましょう。

            坐骨神経痛だけではなく、体の健康のことを考えても、適度な運動を行うのは大切なことですが、準備運動をしてからスポーツをしたりという配慮も必要です。坐骨神経痛は誰にでも起こりうるものなので、日頃からのケアが重要となります。ぜひ、一度コスモテーピング療法と鍼灸の施術を世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院に相談してみてください。あなたの状態について相談に乗ります。

            相談はコチラから
            webmaster@bodybalance-labo.com


            | 1/2PAGES | >>