スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    最終回、コスモテーピングと鍼灸で治す!膝関節痛

    0
      小田急線成城学園前駅より徒歩5分で世田谷区 祖師谷3丁目のせいじょう鍼灸院の草野です。最終回のコスモテーピングと鍼灸で治す!膝関節痛です。

      コスモテーピングと鍼灸の治療もしないで、放置しておくと、ひざ関節痛を完治させるのは難しいといわれています。そのためひざ周辺の筋肉を鍛えたり、稼動域が広くなるようにストレッチをしたり、マッサージなどで筋肉をよくほぐしたりしつつ、軟骨の成分を含んだサプリメントを摂取するなどしながら、ひざ関節痛と上手に付き合うことが大切となってきます。

      ひざ関節痛になると、どうしても出不精になりがちとなります。ひざ関節痛は高齢になってから発症することがほとんどですので、活発に動かなくなったり、運動をしなくなったりすることが膝のためにはよくありません。下半身を動かさなくなることで、一気に筋肉量が落ちて、歩けなくなりますし、最悪の場合は寝たきりになってしまいます。

      ひざ関節痛で一番怖いのは、痛みに対して弱気になり、動かなくなることです。ひざ関節痛の完治は難しいですが、コスモテーピングと鍼灸で痛みを取り除いたり、軽減することは可能です。軟骨が磨耗していくのは年齢を重ねていれば、ある程度はしょうがいないことです。この事実を受け入れて、前向きでいることが大切です。

      ひざ関節痛は誰もが遅かれ早かれなるかもしれません。まずはコスモテーピングと鍼灸でバランスを整え正しい姿勢を心がけ、軟骨の不自然な磨耗を防ぐことが大切です。若いからといって油断をしていると30代、40代になったら大変なことになります。そしてひざ関節痛になってしまったら悲観せずに、自分の筋肉でカバーしてやるぐらいの気概で積極的に付き合っていきましょう。気持ちの持ちようで随分と変わってきます。

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.05.19 Friday
        • -
        • 07:25
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする