スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.19 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    6、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

    0
      世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で6回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

      ぎっくり腰やヘルニアから腰椎がズレて、坐骨神経痛になる場合もあります。まずはレントゲンを撮って調べてみることが大切ですが、小さなズレの場合には、レントゲン検査をしてもわからないこともあります。おかしいな、痛みが続くなという時には鍼灸をしたり、接骨院、整骨院に相談してみるのもいいでしょう。もちろんできれば、コスモテーピング療法をやっている先生のところが良いと思います。

      ぎっくり腰などは、腰のまわりの筋肉を鍛えるために、縄跳びなどを勧められる場合もあります。腕立て伏せをして鍛えている人もいますが、坐骨神経痛になってしまった場合、激しい運動は悪化させる原因になるので、無理をしないほうがいいでしょう。坐骨神経痛が悪化するというよりも、ズレが悪化してしまうと言ったほうがいいかもしれません。身体のバランスが崩れた状態をいち早くコスモテーピング療法と鍼灸で施術すると悪化を防ぐことが可能です。

      激しく体を動かす仕事をしていたり、座りっぱなしの人なども注意が必要です。ぎっくり腰から坐骨神経痛になるケースはわりと多いのですが、筋力を鍛えてもぎっくり腰になってしまうこともあります。いきなり重い物を持ったり、無理な姿勢をしたり、腰に負担をかけるようなことはなるべく避けて、原因を作らないようにしましょう。

      坐骨神経痛だけではなく、体の健康のことを考えても、適度な運動を行うのは大切なことですが、準備運動をしてからスポーツをしたりという配慮も必要です。坐骨神経痛は誰にでも起こりうるものなので、日頃からのケアが重要となります。ぜひ、一度コスモテーピング療法と鍼灸の施術を世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院に相談してみてください。あなたの状態について相談に乗ります。

      相談はコチラから
      webmaster@bodybalance-labo.com


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.05.19 Friday
        • -
        • 06:21
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする