スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.01.06 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    5、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

    0
      世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で5回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

      さまざまな事が原因となり、発症してしまう坐骨神経痛ですが、対処法としてコスモテーピング療法はもちろんのこと適度な運動をしたり、長時間座ったままの状態でいないということも大切です。痛みがひどい時には痛みを強くさせてしまうので、運動は避けたほうがいいでしょう。コスモ療法と鍼灸の併用療法が必要です。

      痛みが軽いときには、患部を軽く押すと楽になる場合もあるようですが、痛みやだるさがある時には、ゴルフボールなどを使って指圧してあげると楽になるという人もいるようです。お尻のくぼみや患部のまわりを押すと比較的楽になるようです。しかし、刺激のしすぎは注意してください。コスモテーピング療法やせいじょう鍼灸院の鍼治療はできるだけ最小限の刺激量と心掛けているからです。あまり刺激を加えすぎるの身体の自然治癒能力の反応が悪くなる場合があるからです。

      坐骨神経痛は、痛む場所も痛み方も人によって違いがあるようですが、夜中など自宅で辛い時には楽になれる方法を色々試してみるのもいいかもしれません。仰向けに寝ると痛みやだるさが出やすいので、うつ伏せで寝るという人もいます。まず一番楽な姿勢を考えるのが大切です。

      体を背伸びするように伸ばしてみたり、冷房を避けたり、夏場でも必ず靴下を履いたりするのもいいでしょう。坐骨神経痛は目に見えない病気なので、まわりから辛さを理解してもらうのは難しいかもしれません。仕事中には痛くても辛くても安静に出来ない状況も多いと思いますので、自分なりの痛みの逃がし方を探してみましょう。




      4、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

      0
        世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で4回目の坐骨神経痛とコスモテーピングについてお届けいたします。

        鍼灸院の患者さんやコスモテーピング療法の治療を受けている患者さんの中には冷房が効きすぎて坐骨神経痛になってしまったという人もいます。会社の中やスーパーなどで長時間冷房にあたることにより、足腰が冷えすぎてしまう人も少なくないようです。足が頻繁につってしまったり尾てい骨にするどい痛みを感じ、歩くことも辛いほど痛むこともあるようです。

        女性はとくに体を冷やしてしまうと、色々なトラブルの原因となってしまいますので、夏場の冷房は要注意ですが、男女を問わず下半身は冷やしすぎないようにしましょう。シャワーだけで済ますのではなく、しっかり湯船につかって温めることも必要です。

        坐骨神経痛に悩む人の中には、定期的に接骨院や整骨院、鍼灸院に通い、患部を温めるための電気治療を行っている人もいます。コスモテーピング療法では特殊な磁気治療器を使用します。冷えると症状が悪化する場合もありますので、腰のまわりなどは冷やさないように心がけましょう。女性の場合はスパッツやストッキングなどを履くようにすることも大切です。

        ぎっくり腰やヘルニアから、坐骨神経痛になってしまうこともあります。痛みの原因となるバランスの崩れをまず治療するということが先決となりますが、坐骨神経痛の治療法としては鍼灸、マッサージなどもありますが、原因が何であれ冷やさないというのが基本となりますので、夏場の冷房や冬、天気の悪い日などは特に気をつけるようにしましょう。そして、世田谷区 祖師谷 成城 砧の近隣にお住まいの方は「ボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院」でコスモテーピング療法と鍼灸の治療で全身のバランスを整えて快適な生活をいたしましょう。



        3、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

        0
          世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。今日で3回目の坐骨神経痛についてお届けいたします。

          接骨院や鍼灸院で患者さんを施術しているとぎっくり腰から坐骨神経痛になってしまう場合もよく見かけます。ぎっくり腰は一度なってしまうと何度も起こすことがあり、癖になってしまうことが多いですから注意が必要です。さらに悪化させて坐骨神経痛にならないように気をつけなければなりません。早めに鍼灸やコスモテーピング療法で身体のバランスを整えることをおススメいたします。

          患者さんによっては坐骨神経痛だということに気がつかず、たんなる年からくる神経痛だろうと安易に考えてしまう人も多いようです。痛みが続いたりおかしいなと思ったら、まずはきちんと病院に行きレントゲンを撮っていただいたり、鍼灸院に行ってみましょう。個人での判断は症状を悪化させてしまう場合もありますから危険です。

          膝や腰が痛くて、10分も立っていることが出来ないほど辛いのに、神経痛だろうと思い病院に行かなかったという人もいます。ついに我慢できずに病院に行ってみたら、実は坐骨神経痛だったというケースもありました。少し歩いただけでも足の裏がしびれる位症状は悪化していたのに、坐骨神経痛だと思わずに我慢していた人もいます。これでは、いくら鍼灸やコスモテーピング療法を施術しても劇的に良くなる確率は低くなります。

          坐骨神経痛は、原因や症状によっても対処法や治療法は変わってきますが、ひどい時には手術が必要になる場合もあります。入院して手術となれば時間もお金も必要となってしまいますので、勝手な判断はしないで痛みがあったり辛い時には、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。せいじょう鍼灸院では、鍼灸やコスモテーピング療法の範疇ではない疾患は積極的に病院をご紹介いたします。


          2、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

          0
            世田谷区 祖師谷3丁目の鍼灸院、小田急線成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院の草野です。さて、今日も坐骨神経痛についてお届けいたします。

            坐骨神経痛に悩む人の中には、寝ていても痛いので何度も体位を変えなくてはならなくて、睡眠不足になってしまったという人も多くいるようです。坐骨神経痛は色々なことが原因となり発症しますが、痛み方や対処法もさまざまです。コスモテーピング療法や鍼灸を併用しての治療が有効です。

            坐骨神経痛に苦しんでいた患者さんの体験談を紹介します。腰のあたりの痛みが何をしても気になり、整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、「腰椎の一番下の部分がつぶれているから、鍼灸がいいかもしれないけど、騙し騙し使うしかないね」、と言われたそうです。

            ある鍼灸院マッサージに電話をしてみると、「個人差があるので坐骨神経痛が良くなるかは期待しないで下さい」と言われたそうです。毎日痛くて辛い日々を送っていたので、坐骨神経痛が少しでも良くなればと、鍼灸をやってみることにしたそうです。しかし、全く知らない鍼灸院に行くことに抵抗があって、悩んでいたところで、友人がたまたま私の患者さんで、さらに世田谷区成城に住んでこともあり、せいじょう鍼灸院に来院されたのです。

            せいじょう鍼灸院の鍼灸は時間や料金など、コスモテーピングをやるかやらないかによって違いがありますが、20分ほど鍼灸を行ってみたところ、痛みが全くなくなったそうです。さらに、コスモテーピング療法を行ったところその後も全くシビレや痛みが出なくなっています。

            今までの痛みが嘘のように一度のコスモテーピング療法と鍼灸治療で、坐骨神経痛が改善されたそうです。効果には違いが出る場合もありますが、痛みが改善されすっきりできるかもしれません。坐骨神経痛でお悩みの方は整形外科でレントゲンを撮ってもらい、通常の坐骨神経痛と診断されたら湿布をぺたぺた貼る前に小田急線 成城学園前駅から徒歩5分のボディバランス研究所 せいじょう鍼灸院にお気軽にご相談してください。

            坐骨神経痛でお悩みの方はこちらからご相談を
            webmaster@bodybalance-labo.com


            1、坐骨神経痛とコスモテーピングについて

            0
              坐骨神経痛は腰椎や骨盤のズレによって、坐骨神経が圧迫されて起こるものといわれています。坐骨神経痛は原因となるものを考えて、きちんと対処することが大切なのです。骨盤のズレが原因なら、矯正してズレを治す必要があります。その際にコスモテーピング療法や鍼灸は有効的な治療法のひとつです。

              坐骨神経が通常よりも短く、簡単に坐骨神経が牽引されて起こる場合もあります。ストレッチをしたり坐骨神経を伸ばして、余裕を持たせてあげなければいつまでも坐骨神経痛の辛さを抱えたままになってしまいますので、成城学園前駅から徒歩5分のせいじょう鍼灸院では痛みや痺れがでてから早い段階での治療をおススメしています。

              坐骨神経痛は、ふとした時に起こる場合もあります。横向きで寝たときなど、上側になっている脚の部分に力が加わることによって、血液の流れが悪くなり神経細胞の一部に損傷が起きて、坐骨神経痛の症状があらわれる場合があります。

              知らないうちに寝返りを打って、横向きになってしまうこともあると思いますが、始めから横向きで寝る場合には脚の間に枕やバスタオルなどをはさんで、血の巡りが悪くならないように気をつけましょう。また、普段からウォーキングをしたりして、体液循環を促してあげるのも効果的です。さまざまな病気を予防するためにも日頃から適度な運動をするように心がけましょう。

              坐骨神経痛でお悩みの方はご相談ください。
              webmaster@bodybalance-labo.com


              << | 2/2PAGES |